「アメ横」の歴史は戦後の闇市から始まりました。飴を売る店が多かったこと(200軒以上!)、進駐軍であるアメリカ軍の横流し品を扱う店も多かったことから「アメヤ横丁」→「アメ横」と呼ばれるようになりました。表通りは生鮮品や衣料品を中心に活気のある商店街として有名ですが、今風に変化した商店街となっています。一方、ガード下の当商店街は、昔ながらのアメ横の姿をそのまま残しており、令和では貴重な昭和気分を味わえる商店街となっています。